解説

クラシックフィジークとは?フィジークとの違いや審査基準を解説!

「クラシックフィジークって何?」
「クラシックフィジークとメンズフィジークって何が違うの?」
「審査の基準が知りたい」

この記事はそういう疑問を持った人にオススメの記事。

今回は、まだあまり知られていないクラシックフィジークとは何なのか?

メンズフィジークとの違いや審査基準なども詳しく解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

クラシックフィジークとはボディビルとフィジークの融合した競技

クラシックフィジークとは、一言でいうとボディビルとフィジークが融合した競技。

画像がこちら。

クラシックフィジーク
CLASSICフィジーク

フィジーク体型のアウトライン基本にバランスも重視し、ボディビルの迫力を合わせたものと言った方が分かりやすいかと思います。

クラシックフィジークのポージングなどは、サイドチェストやフロントバイセプスなどが規定ポーズにあるなど、ボディビルの要素が強いです。

上位者には、フリーのポージングもあるのでフィジークにはない楽しみ方も出来そうなカテゴリーになっています。

クラシックフィジークは2016年にIFBBの新カテゴリーとして登場

CLASSICフィジーク

クラシックフィジークは、2016年にIFBBが新カテゴリーとして加えました。

なぜクラシックフィジークを作ったのかというと、IFBBのトップであるジム・マニオンが「巨大化し過ぎたボディビルは現在の若い選手達が憧れるような体ではない」と発言。

さらにジムは、「もっと若い選手達が、出場しやすいカテゴリーを新設したかった」という理由から、クラシックフィジークというカテゴリーを作ったそう。

確かにボディビル(特にIFBB PRO)はカッコいいし迫力もあるし、憧れる人は多いですが簡単になれないですからね。

サディック・ハゾビックが転向したことで話題に

クラシックフィジークは2016年に新カテゴリーとして加わりましたが、当時は参入してくる選手が少なかったです。

ですが、ある選手がクラシックフィジーク参戦を表明したことで一気に話題に。

それがサディック・ハゾビック。

サディック・ハゾビック

サディックは、元々メンズフィジークの選手でしたが、2016年にクラシックフィジーク参戦を表明。

2015年にはオリンピアフィジークで2位と素晴らしい好成績を収めているトップフィジーカーでした。

2015年に当時チャンピオンのジェレミー・ブエンディアに僅差で負けたことで2016年にはリベンジしてくると思われていましたし、ファンもその対決を楽しみに待っていました。

でも、いきなりのクラシックフィジーク転向。

ジェレミーとの対決を見れなかったことは残念でしたが、このことがキッカケでクラシックフィジークに注目が集まったことが結果としては良かったと思います。

スポンサーリンク

クラシックフィジークとメンズフィジークの違いや審査基準について解説

では、クラシックフィジークとメンズフィジークの違いについて解説していこうと思います。

大きな違いとしては主にこちら。

メンズフィジークとの違い

  • 脚の審査がある
  • ステージの衣装
  • ポージング
  • 身長に対しての規定体重がある

脚の審査がある

サディーク・ハゾビック

まず、審査の違いとして脚の審査。

メンズフィジークでは脚の審査がありませんが、クラシックフィジークではボディビルの要素があるので審査があります。

ボディビルでは、脚というのは審査基準に大きな比重を占めているので非常に大切なポイントになります。

ただ難しいのはクラシックフィジークでは、脚も大きさだけではなく、体全体のバランスを考えた大きさにならないといけないというところ。

クラシックフィジークのもっとも難しい部分かもしれません。

ステージ衣装の違い

メンズフィジークでは、サーフパンツ(ボードショーツ)を着用するんですが、クラシックフィジークではトランクスを着用。

これはボディビルと同様で、脚の審査があるのでこの衣装の違いになっています。

フィジークとクラシックフィジークの違い

それから、クラシックフィジークのトランクスには細かいルールがあります。

それがこちら。

トランクスのルール
  • トランクスの色はシンプルな黒など(下着などはNG)
  • 伸縮タイプであること(光沢があるものはNG)
  • 大きなロゴが入ったものはNG(アンダーアーマーなどのメーカーロゴ)
  • 丈が長過ぎるものはNG

結構細かいルールがあって、めんどくさいと思ったのは僕だけじゃないはず。笑

そんな人には、IFBBとNPCの公式トランクスが売っているので、そちらを購入したら間違いないと思いますしカッコいいのでオススメ。

IFBB公式パンツ
NPC公式パンツ

購入はこちらのサイトからどうぞ

別で購入するという人は、こちらのIFBBのトランクスを参考にして購入しましょう。

IFBBパンツ

ポージングの違い

ポージングにも大きな違いがあります。

冒頭で少し触れましたが、ポージングはボディビルの要素が強いのがクラシックフィジークの特徴。

クラシックフィジークでは、5つの規定ポーズがあります。

5つの規定ポース

  • フロントダブルバイセプス
  • サイドチェスト
  • バックダブルバイセプス
  • アブドミナル&サイ
  • 好きなクラシックポーズ(マスキュラー以外)
フロントダブルバイセプス
バックダブルバイセプス
サイドチェスト
アブドミナル&サイ
クラシックポーズ

クラシックフィジークには、ボディビルと同様でフリーのポージング時間が60秒与えられます。(上位者や決勝などの場合が多い)

これはフィジークにはない華やかなポイントで、メンズフィジークからすれば羨ましい部分。

ステージの観客を独り占め出来るという時間は、ホントに気持ちいいと思います。

順位発表のときのポーズダウンがあるのも、ボディビルの要素があるクラシックフィジークならではですね!

身長に対して体重制限がある

メンズフィジークには、身長によってカテゴリーが分けられていることがほとんどですが、クラシックフィジークには身長に対して体重制限というものがあります。

その体重制限がこちら。(IFBB PRO LEAGUEの公式規定体重)

身長(㌢) 身長に対しての規定体重(kg)
~162.9まで ~72.9
163~164.9 ~74.9
165~167.9 ~76.9
168~169.9 ~78.9
170~172.9 ~82.9
173~174.9 ~86.2
175~177.9 ~88.9
178~179.9 ~92.9
180~182.9 ~95.9
183~184.9 ~99.9
185~187.9 ~103.9
188~190.9 ~107.9
191~192.9 ~110.9
193~195.9 ~113.9
196~197.9 ~117.9
198~201 ~120.9

こんな感じになっています。

体重制限した狙いは、ボディビルと違いをはっきりとさせるためかと。

メンズフィジークだと大きすぎる筋肉はNGとなりますが、クラシックフィジークでは、それ以上の筋量が必要なので体重制限を設けないとボディビルとの区別がつかなくなってしまう可能性がありますからね。

まとめ

このクラシックフィジークというカテゴリーの新設は個人的にはかなり良かったと思います。

日本人が海外の選手達に大きさで勝とうとすると、骨格の問題などもあってかなり難しいのが現実。

ですが、クラシックフィジークだと世界で通用する日本人が増えそうなので、かなり期待が出来そう。

まだまだ日本でも海外でもマイナーなカテゴリーですが、これから注目してみていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 

関連記事

  1. IFBBプロカード

    解説

    フィジークのプロカードとは?取得方法や日本人プロ選手も紹介!

    「プロカードって一体何なの?」「フィジークのプロカードの取得方法は…

  2. ロゴ

    解説

    フィジークの大会の種類や初心者が出場にオススメなコンテストを紹介!

    ・フィジークの大会って種類はどれくらいあるの?・初心者が出場するの…

  3. みちょぱ10

    芸能人

    みちょぱ(池田美優)の腹筋の鍛え方やくびれの作り方を解説!

    今では、テレビで見ない日がないくらい活躍しているギャルモデルの池田美優…

  4. オリンピアフィジーク

    解説

    フィジークの大会で賞金はいくら出る?ボディビルと比較してみた!

    ・「フィジークってコンテスト勝つと賞金ってあるの?」・「出るならい…

  5. オリンピアフィジーク

    解説

    フィジークとは?ボディビルとの違いや審査基準を詳しく解説!

    「フィジークってどんな競技?」「ボディビルと何が違うの?」「フ…

PAGE TOP