芸能人

【松ザップ】松本人志の筋肉画像やトレーニングメニューも解説!

お笑い芸人として不動の地位を築いている松本人志さん。

そんな松本さんが、お笑い以外で注目されているのが筋肉や筋トレの話題。

若い頃からは想像がつかないほど、筋肉が発達しています。

そこで、今回は松本さんの現在の筋肉画像やトレーニングメニューをボディメイクの観点から解説していこうと思います!

スポンサーリンク

大胸筋がエグい!松本人志の筋肉画像まとめ

まずは、松本さんの筋肉画像をまとめてみました。

こちらがその画像。

松本人志

松本人志

松本人志

もちろん松本さんは、有名人ですから知らない人は日本にほとんどいないと思いますが、知らない外国の人が見るとまず芸人さんだとは思われない体をしています。笑

特に目につくには大胸筋。

松本人志
松本人志

これは相当発達している部分で、大胸筋だけを見るとかなりのレベル。

松本さんも、自分の筋肉の部位で1番のお気に入りは大胸筋だとメディアで言っていたことから、こだわりがあるんだと思います。

最近の松本さんはTシャツどころか、スーツの上からでも分かるくらい大胸筋がさらに発達しているのが凄いところ。

年々衰えるどころか進化しています。

昔は別人みたいに細かった

松本さんは、若い頃は今では考えられないくらい細かったです。

その画像がこちら。

松本人志
松本人志

30代より上の世代の方は、こちらの松本さんの方が見慣れている人が多いんじゃないでしょうか?

実は、松本さんは細い頃からボクシングなどをしていて体重の管理などはちゃんと行っていたそう。(放送室より)

この頃の体重が約55㌔だったとラジオでは語っていました。(現在は約70㌔)

この時の松本さんは、自分の自伝本やラジオなどで筋トレはやらないと公言。

その理由というのが、お笑い芸人がムキムキな体でステージに立ってやっても面白くないし、弱そうな細い奴が強気にやるから面白いと語っていました。

筋トレを始めたホントの理由はバイオハザード?

そんな松本さんが筋トレを始めた理由なんですが、2010年に股関節の障害を患ってしまったことや結婚して家族が出来たことで自分の子供を守る為に始めたと言われていました。

ただ、最近になってメディアでは「あれはホントにウソだった」と公言。

「『バイオハザード』とかやっていた時に、登場人物がムッキムキ。あれが嫌になってきたんです。こんなガリガリのきゃしゃな俺が米兵みたいなやつに助けてもらっている、憑依してやっている場合じゃないと。で、本当に筋トレしようと思った」
出典:スポニチ

バイオハザードのキャラがキッカケだったのはビックリ。

クリスレッドフィールド

確かに良い体してますよね!

ただ、現在の松本さんもこれに負けてないと思いますが・・・。笑

スポンサーリンク

松本人志のトレーニングメニュー「松ザップ」を解説

以前に、松本さんの番組である「松本家の休日」でトレーニングメニューが公開されています。

松本さんは自分のトレーニングメニューを「松ザップ」と名付けていました。

松ザップのトレーニングメニューは松本さんの完全オリジナルで、トレーナーに付いてもらったりアドバイスをもらったりしたことはないそう。

では松本さんのトレーニングメニューを一つ一つ見ていきたいと思います。

スミスマシン・ベンチプレス

スミスマシン・ベンチプレス

松本さんが1番最初に行うというのがベンチプレス。

大胸筋の中部と下部を鍛える種目でこちらの場所。

大胸筋

スミスマシン・ベンチプレスのメリット

  • 大胸筋の中部・下部の肥大化
  • 軌道が決まっているので安全に行うことが出来る。

松本さんの設定重量とレップ数がこちら。

・95㌔×5レップ
・115㌔×3レップ
・135㌔×3レップ

松本さんは、ベンチプレスをスミスマシンでやっていました。

まず、自分の限界の重量の8割を設定して5レップ上げるところからスタートするそう。

その後に、+20㌔ずつ重量を上げていき3レップずつ。

スミスマシンは、本来のフリーのベンチプレスと違って約10㌔前後は重く扱えるんですが、それでもかなりの高重量を扱っています。

パーシャルレップでやっている


松本さんのスミスマシン・ベンチプレスを見て思ったことがパーシャルレップで行っているということ。

ベンチプレスは基本的に、フルレンジ(胸まで下ろす)でやるのが基本で、限界が来た時にパーシャルレップ(半分くらいの可動域)でやるんですが、松本さんは最初から行っています。

※パーシャルレップとは、可動域を限定して行うトレーニングのこと。

パーシャルレップのメリットがこちら。

パーシャルレップのメリット

  • 可動域を限定することで高重量を扱える&限界まで追い込める
  • 怪我のリスクを減らせる

松本さんが、これらのメリットをわかった上でトレーニングしてるかは分かりませんが、重い重量を上げたい時はすごく効果的な方法。

ベンチプレスにおいて1番キツイのがボトムポジション(バーが胸までつくかつかないかのポジション)。

(こちらがボトムポジションの画像↓)

ベンチプレスを限界まで追い込むと、ボトムポジションから上がらなくなる経験をしたことがある人は多いと思います。

そのボトムポジションにあえて下ろさずにやると、限界まで追い込める仕組みですね。

しかも、フルレンジに比べて関節の怪我のリスクも減らせるというまさに一石二鳥。

フルレンジでやってないという批判も多かったんですが、松本の大胸筋は発達しているので僕はこのやり方は良いと思います。

POINT

ベンチプレスはやたらと重量に拘る人が多いですが、ボディメイクとは別物。しっかりと効かせて体が発達してないと、いくら重量を上げても意味がないです。

チェストプレス

松本人志 チェストプレス

続いてマシンのチェストプレス。

この種目も先程と同じ部位で大胸筋に主に効かせる種目。

チェストプレスのメリット

  • 大胸筋中部の強化
  • マシントレーニングなのでフォームの間違いがない

松本さんの設定重量がこちら。

・55㌔×15レップ
・65㌔×15レップ
・75㌔×15レップ

先程と同様、松本さんは最初に55㌔に設定してそこから10㌔ずつ重量を上げていくスタイル。

ただ、さっきと違うのがレップ数をこなしているということ。

15レップやることによって、パンプ感がかなり得られるというのが目的だと思います。

先程のベンチプレスは重量を意識して低レップ、チェストプレスは回数を意識して高レップでパンプ感重視。

松本さんがこれらを意識してトレーニングをしているなら、かなり的を得たトレーニングをしています。

さらに、松本さんは最悪の状況からの100連打といって、限界を迎えた後にさらに追い込むということをやっていました。

番組ではチェストプレスを約80回という回数でしたが、これは相当キツいトレーニング。

このトレーニングに関しては賛否両論あるとは思いますが、ストイックな松本さんの性格が良く出ていると思います。

POINT

アーノルド・シュワルツネッガーも言っていたように、ボディメイクではパンプ感が大事。このチェストプレスで、しっかりと筋肉をパンプさせましょう!

ラットプルダウン

松本人志 ラットプルダウン

続いてラットプルダウン。

広背筋を鍛える種目で場所はこちら。

広背筋

ラットプルダウンのメリット

  • 広背筋の肥大化
  • チンニング(懸垂)よりも軽い重量で行うことが出来る

ラットプルダウンでの松本さんの設定重量がこちら。

・80㌔~85㌔×15レップを3セット

この松本さんの使用重量とフォームを見て思ったのが、重量設定が重すぎるということ。

あと、かなり二頭筋(腕)の力を使っているという印象を受けました。

ラットプルダウンの最大のメリットは、チンニングなどが出来ない人でも軽い重量から出来るということ。

ベンチプレスと同様、引く動作がパーシャル気味でかなりチーティングを使っています。

※チーティングとは、ズルをするという意味があり反動を使ってトレーニングすること。上級者は限界が来るとチーティングを使って限界まで追い込むことが多い。

ただこのトレーニングに関しては、ボディメイクという観点からすると松本さんのこのラットプルダウンは効果的ではないかと。

背中は、難しい部位で丁寧に行うというのが鉄則。

出来ることなら、背中はフルレンジでアゴくらいまでは引くのがいいですね。

POINT

背中は、重量ではなく広背筋に刺激が入っているかが重要。ジムでも腕を使っている人をよく見かけるのでしっかりと背中で引きましょう!

ライイングトライセプスエクステンション

ライイングトライセプスエクステンション

上腕三頭筋を鍛える種目のライイングトライセプスエクステンション。

別名でスカルクラッシャーとも呼ばれます。

上腕三頭筋の位置がこちら↓

上腕三頭筋

トライセプスエクステンションのメリット

  • 三頭筋(腕)の肥大化
  • プレス系の種目の使用重量が伸びる

ライイングトライセプスエクステンションでの松本さんの設定重量がこちら。

・20㌔×25レップを3セット

松本さんのフォームを見て思ったのは、回数を意識しすぎてなのか、一つ一つの動作が早すぎるということ。

僕の考えでは、腕の種目の重量は軽くていいと思うんですが、背中と同様で腕のも丁寧に行うのがGOOD。

あと、このフォームだと腕だけでなく大胸筋にも刺激が入りますから、もう少し頭の方に持っていっても良いと思います。

POINT

二頭筋や三頭筋などの腕の種目は基本的に肘を固定するのが基本。重たいのを扱いすぎて肘が動いている人を見ることが多いので注意しましょう!

ダンベルシュラッグ

松本人志ダンベルシュラッグ

僧帽筋を鍛える種目であるシュラッグ。

僧帽筋の場所はこちら↓。

僧帽筋

ダンベルシュラッグのメリット

  • 僧帽筋の肥大化
  • 肩こりや猫背などの改善

こちらの種目での松本さんの設定重量はこちら。

・22㌔×50回を2セット
・22㌔×限界までを1セット

この部分を鍛えることで、肩こりや猫背などの改善などの効果があります。

松本さんのメニューを見ると、明らかにレップ数が多すぎる印象があります。

僧帽筋は、結構重量を扱える種目なので高重量で10レップくらいがBESTだと僕は考えているんですが・・・。

もしかすると、重量は扱えるけど握力がこの時点でなくなってきていることから、回数を増やすということにしているのかもしれません。

さっきのラットプルダウンもかなりの高重量だったので・・・。

パワーグリップやリストストラップなどを使用すると、もっと効率よく鍛えることが出来そう。

POINT

松本さんは、ダンベルでやっていますがスミスマシンやバーベルなどを使っても効果的です。やったことがない人は試してみて下さい!

シットアップ

松本人志の腹筋

こちらは、腹筋を鍛える種目であるシットアップ。

主に効く場所はこちら。

腹筋

シットアップのメリット

  • 腹筋の肥大化
  • 筋肉が付くことで脂肪が乗りづらくなる

松本さんのシットアップでのセット数とレップ数がこちら。

・15レップ×3セット

このトレーニングを見て思ったことは、しっかりと腹筋に効かせている印象を受けました。

というのは、背中を丸めて行うのがこのシットアップでは必須。

これをしないと、腰の負担ばかりかかってしまい腹筋を鍛えるどころか、腰痛の原因になってしまうから。

松本さんのフォームはそれが出来ているので、この種目はボディメイクの観点から見ても良いトレーニングが出来ていると思います。

POINT

シットアップでは、体を倒す時に息を吸って体を起こす時に息をゆっくりと吐きながらやるのがコツ。スピードを早くやるのではなくてゆっくりとお腹を意識してやりましょう!

ベントオーバーローとレッグプレスなども

松本人志のベントオーバー
松本人志のレッグプレス

番組では、詳しくやっていなかったのですが少しだけベントオーバーローやレッグプレスなどもやっている紹介もありました。

セット数やレップ数などの詳しい紹介はなかったのが残念なところ・・・。

松本さんは以前に脚の種目はやらないと言っていただけに、レッグプレスをやっていることは意外でした。

さらに、番組の終わりでは脚のメニューが残っていると言われていたので、もしかすると現在は脚のトレーニングを復活させたのかもしれませんね。

松本さんが使用しているグッズがサプリメントを紹介

松本さんが使用していたトレーニングアイテムやサプリメントなどを紹介していきます。

DNS PRO-X

松本さんが使用しているプロテインが、DNSのPRO-Xというプロテイン。

DNSはメジャーリーガーのダルビッシュ選手が愛用していたことで有名。

DNSは確かに高品質のプロテインなんですが、価格もかなり高額。

松本さんは、もちろんお金をたくさん持ってますから気にしてないと思いますが・・・。笑

ゴールドジム グローブ

松本さんが番組で使用していたのが、ゴールドジムのグローブ。

こちらのグローブは使用している人も多く、リストの部分を固定出来るタイプなので、手首の怪我のリスクを軽減してくれます。

AVIREX タンクトップ

松本さんがお気に入りの一枚としているのがAVIREXのタンクトップ。

着心地が抜群で、シンプルなことからよく着用しているそう。

まとめ

松本さんの筋肉に関する画像やトレーニングなどをまとめてみました。

トレーニングのやり方などに少しだけ疑問な部分もありましたが、実際に松本さんが今の体になって結果が出ているので問題はないと思います。

笑いにも筋トレにもストイックな松本さん。

その精神力は見習うべきものがあると感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 

関連記事

  1. みちょぱ10

    芸能人

    みちょぱ(池田美優)の腹筋の鍛え方やくびれの作り方を解説!

    今では、テレビで見ない日がないくらい活躍しているギャルモデルの池田美優…

  2. ゆんころ アイキャッチ

    女性フィジーカー

    ゆんころ(小原優花)の筋トレメニューや食事の内容まとめ!

    モデルやタレント、DJなど色んな顔を持っている「ゆんころ」こと小原優花…

  3. 芸能人

    変幻自在の体!鈴木亮平の筋肉画像やトレーニングメニューを紹介!

    今大人気俳優の鈴木亮平さん。鈴木さんは、役が変わるたびに体型を…

  4. 山本彩

    芸能人

    女性の憧れの体型!山本彩(さや姉)の筋トレメニューや画像を調査!

    現在はアイドルを卒業して、アーティストとして活動しているさや姉こと山本…

  5. ローラのスタイル

    芸能人

    ローラの筋トレメニューや筋肉の画像!オシャレなウェアも調査!

    モデルや女優として活躍しているローラさん。若い女性を中心に、と…

  6. 藤田ニコル

    芸能人

    【最強のくびれ】藤田ニコルの腹筋のトレーニング方法や体の絞り方は?

    最近、SNSなどでスタイルが絶賛されているタレント…

PAGE TOP