シーク アイキャッチ

トレーニングアイテム

トレーニングベルトのおすすめメーカーはシーク!効果や使い方は?

高重量を扱う上で怖いのが腰の怪我。

腰を痛めてしまうと、ほとんどのトレーニングが出来なくなってしまいます。

そこで必要になってくるのが、トレーニングベルト。

僕はこれまでいくつかのベルトを使用してみて、1番良かったのがシークのベルトで愛用してもう3年近くになります。

多くのトップビルダーやトップフィジーカーも多く愛用しているホントに良いベルトです。

今回は、シークのトレーニングベルトの効果や使い方なども解説していきたいと思います!

トレーニングベルトの効果

トレーニングベルト

トレーニングベルトの効果は、腰の保護が一番の目的。

トレーニングベルトは、しっかりと巻くことで腹圧をかけることによって、体幹が安定して安全にトレーニングを行うことが出来ます。

スクワットやデッドリフトなど、高重量を扱う上で最大限の効果を発揮してくれるアイテムです。

トレーニングベルトの選び方

僕がベルトを選ぶ上で重視しているのはこちら。

  1. ベルトの幅が広くて固定力があるもの
  2. 持ち運びが便利
  3. 長持ちで丈夫かどうか

1.ベルトの幅が広くて固定力があるもの

ベルトの幅とは、この部分のこと。

ベルト 幅
出典:Amazon

ベルト幅が10㌢以上あるものを選べば間違いないんですが、最近のベルトは大体10㌢以上あるので大丈夫かと思います。

ただ、注意したいのがベルトの前の部分。

レバー 前

出典:Amazon

この幅が大きなものほど、固定力があるのですがデッドリフトやベントオーバーなどの種目の時に意外と気になったりします。

このことから、僕は前の部分は10㌢以下で腰の部分が10㌢以上あるものを選んでいますね。

2.持ち運びが便利

バッグ

トレーニングベルトって意外とかさばるので、バッグに入らないという問題が。

車の中に常に置いてあるとか、ホームトレーニーだと気にする必要はないんですが、多くの人は毎回ジムに持っていくかと思います。

僕も毎回ジムに持って行くんですが、バッグに入るが入らないかというのは意外と大切なことだと思っていますね。

3.長持ちで丈夫かどうか

Belt 3

やっぱり買う時に気になるのが丈夫で長持ちするかどうか。

せっかく購入してもすぐにダメになってしまったら嫌ですし、ベルトも安くはないですからね。

オススメはシークのリフティングベルト

僕がおすすめするのは、シークのリフティングベルト。

僕はこれを愛用して3年になるのですが、ホントにオススメ出来るベルトです。

その理由が主にこちらの3つ。

  1. ナイロンでもレザー並みの固定力
  2. 持ち運びに便利でかなり丈夫
  3. トップビルダーやトップフィジーカーの愛用者が多い

1.ナイロンでもレザー並みの固定力

固定力では、ナイロンはレザーに勝てないと思っていたんですが、シークのベルトを使ってみて驚きました。

まず、固定力でレザーのベルトの負けてない。

それどころか、同等の固定力なんじゃないかと思ってしまうほどしっかりとしています。

なぜかというと、シークのベルトはダブルロック構造になっているから。(この後の使い方で詳しく説明しています)

さらに、シーク独自のベルトの作りで体のラインに合わせて作ってあるそう。

シーク 作り
シーク2

これによって、ナイロンなのにレザー並みの固定力があります。

さらにシークのベルトはベルト前が約6㌢で腰の部分が12㌢なので、デッドリフトやベントオーバーなどの種目の時も邪魔にならないです。

2.持ち運びに便利で丈夫

先程のナイロンのメリットで言っていたように、ナイロンはかさばらないので折り曲げてバッグに入れて持ち運びが出来ます。

だったら、長持ちしないんじゃないの?と思うかもしれませんが、そこはさすがのシーク。

僕が実際に3年近く使っていて全然使えていますし、まだまだマジックテープもへたっていないです。

(こちらが僕が現在試用中のシークのベルトです↓)

自分 ベルト1
自分 ベルト2

このことから、レザーにも耐久度は負けていないんじゃないかと思いますね。

3.トップビルダーやトップフィジーカーに愛用者が多い

シークのベルトは、多くのトップビルダーやトップフィジーカーにも愛用者が多いです。

世界を舞台に戦っているトップビルダーの鈴木克彰さんや世界で活躍するトップフィジーカーの長谷川浩久さん。

鈴木克彰
長谷川浩久

海外の選手だと、7回ミスター・オリンピアに輝いているフィル・ヒースやオリンピアビキニのチャンピオンのアンジェリカ・テシェイラさんも使用しています。

フィル・ヒース
アンジェリカテシェイラ

国内外や男女問わず、トップ選手達のトレーニングに使用されていることが、なによりの証明になるんじゃないかと思います。

これからベルトが購入しようと思っている、シークのベルトに興味がある方は是非購入して試してみてはどうでしょうか?

POINTシークのベルトはサイズがあるので、自分のウエストのサイズをしっかりと測った上で購入しましょう。

シークのベルトの使い方

シークのベルトの使い方なんですが、至って簡単。

まず最初はマジックテープを自分のウエストの部分に合わせる。

シーク 使い方1

次にベルトの紐の部分をバックルの入れます。

シーク ベルト2

最後にまたバックルを通してから、しっかりと締めます。

シーク 使い方3

このダブルロック構造により強い腹圧がかかります。

順番をまとまるとこんな感じ。

シーク 使い方1
シーク ベルト2
シーク 使い方3

POINT締める時に上手く締まった気がしない人は、フラットベンチなどに寝てから締めるのがポイント。こうすることでかなり腹圧がかかりますので是非試してみて下さい。

まとめ

トレーニングする上での大切な怪我の対策。

高重量でトレーニングする上でシークのベルトは、僕にとってはかかせない大切な道具の一つになっています。

おそらく、今のベルトが寿命になっても次もシークのベルトを購入すると思います。

もしベルトを買おうか迷っている人や、シークのベルトが気になっているという人は買っても絶対に損はしないと思うので試してみてほしいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

関連記事:リストラップのおすすめは人気のシークで間違いなし!効果や使い方は?

関連記事

  1. リストラップ

    トレーニングアイテム

    リストラップのおすすめは人気のシークで間違いなし!効果や使い方は?

    高重量を扱う時に怖いのが、やっぱり怪我。どんなにトレーニングが…

PAGE TOP